Artwork

CULTIBASE에서 제공하는 콘텐츠입니다. 에피소드, 그래픽, 팟캐스트 설명을 포함한 모든 팟캐스트 콘텐츠는 CULTIBASE 또는 해당 팟캐스트 플랫폼 파트너가 직접 업로드하고 제공합니다. 누군가가 귀하의 허락 없이 귀하의 저작물을 사용하고 있다고 생각되는 경우 여기에 설명된 절차를 따르실 수 있습니다 https://ko.player.fm/legal.
Player FM -팟 캐스트 앱
Player FM 앱으로 오프라인으로 전환하세요!

思考を「モデル図」に落とし込む時のコツ|CULTIBASE Radio|Design #14

25:19
 
공유
 

Manage episode 334334877 series 2888972
CULTIBASE에서 제공하는 콘텐츠입니다. 에피소드, 그래픽, 팟캐스트 설명을 포함한 모든 팟캐스트 콘텐츠는 CULTIBASE 또는 해당 팟캐스트 플랫폼 파트너가 직접 업로드하고 제공합니다. 누군가가 귀하의 허락 없이 귀하의 저작물을 사용하고 있다고 생각되는 경우 여기에 설명된 절차를 따르실 수 있습니다 https://ko.player.fm/legal.

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioデザインの14回目では、株式会社MIMIGURIのExperience Designer / Reflection Researcherである瀧知惠美と、同社のDesign Strategist / Researcherである小田裕和が、「思考を「モデル図」に落とし込む時のコツ」をテーマにディスカッションしました。

  • 今回のテーマは「モデル図の作り方」。例えば小田の場合、先日発信したツイート内の図に大きな反響があった。モデル図を作成する時、何を考え、意識しているのか。
  • 瀧は、思考している内容を構造的に整理できた時に、モデル図を作成することが多い。一方小田は、作成段階ではモデル図として適切かを重視しておらず、20〜30%の完成度で一旦書き出してしまうと話す。
  • 他人はもちろん、自分ですら正確に理解しきれてない図でも、思考の軌跡としてとりあえず図にしてみる。すなわちモデル図は思考のツールの1つであり、生煮えの思考を可視化したものだと言う。
  • 生煮えの思考を、言葉ではなく図にすることで、自分の思考に改めて気づくことができる。その中でも特に、小田は「わからないところ」を可視化できることに大きな意味を感じている。
  • 小田は、「自分で考えた内容を形にして、自分で気づき直せるか」がデザイナーにとって大事な力だと考えている。気づき直すために、まずは場に出して、形にする必要があるのだ。
  • 形にするまでにハードルを感じてしまう人も多いが、解を見つけようと気負いすぎるのではなく、あくまで自分が新たな気づきを得るために、とりあえずモデル図を作ってみることが大事だと小田は言う。最初に書くときはロジカルでなくてもよく、「とりあえず出し、煮詰める」ことで気づきを得る。
  • 生煮えの思考をアウトプットしたり、そこから思考を深めたりしやすい媒体は、人によって異なる。そのため、自分の身体性にあった媒体を探していくことも大切である。

【関連コンテンツ 】

今回の出演者の小田・瀧が解説する"30分以内で学べるシリーズ"の「30分以内で学べる|アブダクション」の動画が公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

▼30分以内で学べる|アブダクション

https://www.cultibase.jp/videos/10972

◇   ◇   ◇

人と組織のポテンシャルを引き出す知見をさらに深く豊かに探究していきたいという方は、会員制オンラインプログラム「CULTIBASE Lab」がオススメです。CULTIBASE Labでは、組織の創造性を最大限に高めるファシリテーションとマネジメントの最新知見を学べる探究型学習コミュニティとして、会員限定の動画コンテンツに加え、CULTIBASEを中心的に扱う各領域の専門家をお招きした特別講座など、厳選した学習コンテンツをお届けします。

▼「CULTIBASE Lab」の詳細・お申し込みはこちら

https://cultibase.jp/lab

  continue reading

348 에피소드

Artwork
icon공유
 
Manage episode 334334877 series 2888972
CULTIBASE에서 제공하는 콘텐츠입니다. 에피소드, 그래픽, 팟캐스트 설명을 포함한 모든 팟캐스트 콘텐츠는 CULTIBASE 또는 해당 팟캐스트 플랫폼 파트너가 직접 업로드하고 제공합니다. 누군가가 귀하의 허락 없이 귀하의 저작물을 사용하고 있다고 생각되는 경우 여기에 설명된 절차를 따르실 수 있습니다 https://ko.player.fm/legal.

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioデザインの14回目では、株式会社MIMIGURIのExperience Designer / Reflection Researcherである瀧知惠美と、同社のDesign Strategist / Researcherである小田裕和が、「思考を「モデル図」に落とし込む時のコツ」をテーマにディスカッションしました。

  • 今回のテーマは「モデル図の作り方」。例えば小田の場合、先日発信したツイート内の図に大きな反響があった。モデル図を作成する時、何を考え、意識しているのか。
  • 瀧は、思考している内容を構造的に整理できた時に、モデル図を作成することが多い。一方小田は、作成段階ではモデル図として適切かを重視しておらず、20〜30%の完成度で一旦書き出してしまうと話す。
  • 他人はもちろん、自分ですら正確に理解しきれてない図でも、思考の軌跡としてとりあえず図にしてみる。すなわちモデル図は思考のツールの1つであり、生煮えの思考を可視化したものだと言う。
  • 生煮えの思考を、言葉ではなく図にすることで、自分の思考に改めて気づくことができる。その中でも特に、小田は「わからないところ」を可視化できることに大きな意味を感じている。
  • 小田は、「自分で考えた内容を形にして、自分で気づき直せるか」がデザイナーにとって大事な力だと考えている。気づき直すために、まずは場に出して、形にする必要があるのだ。
  • 形にするまでにハードルを感じてしまう人も多いが、解を見つけようと気負いすぎるのではなく、あくまで自分が新たな気づきを得るために、とりあえずモデル図を作ってみることが大事だと小田は言う。最初に書くときはロジカルでなくてもよく、「とりあえず出し、煮詰める」ことで気づきを得る。
  • 生煮えの思考をアウトプットしたり、そこから思考を深めたりしやすい媒体は、人によって異なる。そのため、自分の身体性にあった媒体を探していくことも大切である。

【関連コンテンツ 】

今回の出演者の小田・瀧が解説する"30分以内で学べるシリーズ"の「30分以内で学べる|アブダクション」の動画が公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

▼30分以内で学べる|アブダクション

https://www.cultibase.jp/videos/10972

◇   ◇   ◇

人と組織のポテンシャルを引き出す知見をさらに深く豊かに探究していきたいという方は、会員制オンラインプログラム「CULTIBASE Lab」がオススメです。CULTIBASE Labでは、組織の創造性を最大限に高めるファシリテーションとマネジメントの最新知見を学べる探究型学習コミュニティとして、会員限定の動画コンテンツに加え、CULTIBASEを中心的に扱う各領域の専門家をお招きした特別講座など、厳選した学習コンテンツをお届けします。

▼「CULTIBASE Lab」の詳細・お申し込みはこちら

https://cultibase.jp/lab

  continue reading

348 에피소드

모든 에피소드

×
 
Loading …

플레이어 FM에 오신것을 환영합니다!

플레이어 FM은 웹에서 고품질 팟캐스트를 검색하여 지금 바로 즐길 수 있도록 합니다. 최고의 팟캐스트 앱이며 Android, iPhone 및 웹에서도 작동합니다. 장치 간 구독 동기화를 위해 가입하세요.

 

빠른 참조 가이드