日语朗读-京都二十四节气 寒露

3:33
 
공유
 

Manage episode 218510870 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也。
澄んだ秋の夜空に、ひときわ美しく輝く、十三夜の月。満月の十五夜と違い、少しかけた月は、古来より、日本人にとって特別な月でした。平安時代、時の天皇はほかに並ぶものがないほど、美しいと湛え、「無双の月」と賞しています。完全ではない、この慎ましさが、変えて、日本人の心を魅了しさのかもしれません。実りの秋は、感謝の季節。昔、江戸へ行商に出かけた京の商人は、10月20日に京都に戻り、商いの神様ゑびす神に商売の繁盛を感謝しました。これがゑびす講の始まりです。この日は商売上の駆け引きで客を欺いた罪を償う日でもあります。心を澄み渡らせて、また、新しく始める。都の商いは、秋の空と似ていますね。寒さに耐える菊の花がようやく出番と開き始めました。いよいよ秋は終盤へ。京都には二十四の季節があります。
寒露 [かんろ]寒露,二十四节气之一
十三夜[じゅうさんや]阴历每月十三日的夜晚. 阴历九月十三日的夜晚.十三日的夜晚
湛える[たたえる] 装满,充满
慎ましい[つつましい] 恭谨,拘谨,彬彬有礼
魅了[みりょう]夺人魂魄,使……入迷
行商[ぎょうしょう] 行商
商い[あきない]买卖,生意
商人[しょうにん] 商人
繁盛[はんじょう] 繁荣昌盛,兴旺,兴隆。
欺く[あざむく] 欺骗
償う[つぐなう]补偿,赔偿,抵偿

363 에피소드