20201112 天声人語 ある骨の物語

2:50
 
공유
 

Manage episode 277450903 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
天声人语 11/12 ある骨の物語
不思議な写真がある。角(つの)が絡み合ったまま息絶えたヘラジカ2頭の骨だ。激しく闘い、外れなくなったのだろう。撮影したのは24年前に亡くなった写真家星野道夫さん。この1枚から今秋、絵本『あるヘラジカの物語』が生まれた▼
这是一张让人难以置信的照片:照片中是两头驼鹿的头骨,它们在死前可能经过了激烈的争斗,以致于它们的鹿角紧紧纠缠在一起,无法分开。这张照片是离世24年的摄影家星野道夫的作品,今年秋天,以该照片为背景的绘本《一只驼鹿的物语》正式出版。
作者の鈴木まもるさん(68)を静岡・伊豆に訪ねた。「昨夏(さくか)の深夜、ずっと昔に見たあの写真を夢でみたんです」。星野さんとは家族ぐるみの付き合い。布団から飛び出すと一心に鉛筆を走らせ、徹夜で草案を仕上げた▼
我曾到静冈县伊豆采访过作者铃木守(68岁),据他讲,他和星野一家的私交一直很好。他还说:“去年夏天的一个夜里,我梦到了很久之前见过的那张照片。”醒过来以后便立马掀开被子,在画纸上运笔如飞,熬夜完成了绘本的草图。
2カ月後、写真の舞台アラスカへ飛ぶ。星野さんの随想(ずいそう)を頼りに大地を歩き、動物をスケッチした。肌を刺す空気、またたくまに原野(げんや)を覆う雪に驚いた▼
2个月后,铃木守就飞往了阿拉斯加,也就是拍摄照片的地方。按星野随感文中提及的地方走走停停,画一些动物写生。寒冷刺骨的空气,转瞬间便覆盖整片原野的漫天大雪,一切都令他震惊不已。
絵本では、疲れ果てたヘラジカ2頭をヒグマやコヨーテたちが食べていく。「小さい子が怖いと感じる絵本にはしたくない。それでも、生の体が肉になり骨になる。その現実は描きたかった」。残酷すぎるか、雪で隠しすぎたか。何度も描き直した▼
在绘本中,精疲力尽的两头驼鹿最后被棕熊和草原狼分而食之。铃木说:“我虽然不想画一些小孩子看了会害怕的图,但我还是想要描画出一个事实,那就是一切生物终会化为腐肉白骨。”画的内容太过残酷血腥,或者画的雪景太多都不合适,他前前后后改了好几遍。
思えば、命の循環は星野さんの生涯の主題だ。彼の残した一文にヘラジカ(ムース)を食べる場面がある。「ムースの体は、ゆっくりと僕の中にしみこんでゆく。その時、僕はムースになる。そして、ムースは人になる」。写真家は思いをはせる。「生きる者と死す(しす)者。有機物と無機物。その境(さかい)とは一体どこにあるのだろう」▼
细想来,星野终其一生拍摄的主题都是“生命的循环”。在他留下的一篇文章里还写到了吃驼鹿肉(美国驼鹿)的场景,“驼鹿的身体就好像缓缓渗入我的体内,这个时候,我变成了驼鹿,而驼鹿变成人。”由此,这位摄影家又想到:“生者与死者,有机物与无机物,区别究竟在哪里呢?”
絵本の終盤、ウサギがヘラジカの骨をかじる。〈マイナス50度、しずかなきびしい冬のアラスカ〉。冬が迫る現地で繰り広げられている命のリレーを想像した。
在绘本的结尾《零下50度,寂静严冬里的阿拉斯加》中,作者凭想象绘出了这样一幅画——在严冬即将到来之际,一只野兔正在啃食驼鹿的骨头,宛若在进行一场生命的接力。

363 에피소드