20201113 天声人语 早すぎた疫学者

2:56
 
공유
 

Manage episode 277524920 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
天声人语 11/13 早すぎた疫学者(えきがくしゃ)
感染拡大のさなかは外食や芝居、習いごとを控えるべし。物品(ぶっぴん)の贈答(ぞうとう)は断り、古着(ふるぎ)は一夜水に浸して洗うこと……。江戸後期の甲州に「3密回避」や「外出自粛」「隔離」を説く医者がいた▼
传染高峰期应暂停外出就餐、看戏和学艺。不要互相赠送物品,穿过的衣服用水浸泡一夜再清洗……。早在江户后期,甲州的一位医者便已经提出了类似“远离三密(密闭空间、密集人群、近距离对话)”、“自觉在家禁足”以及“隔离”的主张。
漢方医の橋本伯寿(はくじゅ)。長崎で蘭学者に師事(しじ)し、中国や日本で病疫がどう広まったか内外の医書や史書を読みあさる。天然痘、麻疹(はしか)の本質は人から人への「伝染」だと見抜き、体内の「生気」がそれら体外の「毒気」(どくけ)と闘うと指摘した。再びの感染はなく、すでにかかった人を看護要員にせよとも訴えた▼
这位具有先见之明的医者名为桥本伯寿,是一名中医。他曾在长崎师从一位兰学家,为研究传染病在中国和日本的传播途径而饱览了海内外的医书、史籍。他发现天花和麻疹实际上是由人“传染”给人的,人体内的“生气”和体外的“毒气”作斗争,“生气”胜则不会再感染。由此他提出,病人的看护需由已经免疫的人来担任。
甲府市(こうふし)の医師、吉岡正和さん(71)は、埋もれていた伯寿の主著『断毒論』を掘り起こし、昨春その評伝(ひょうでん)を出版した。「ウイルスもワクチンも知らない時代に、抵抗力や免疫に通じる理論を独力で深めたのは驚きがです」▼
甲府市的吉冈正和医生今年已经71岁高龄。去年春天,他就伯寿的主要著作《断毒论》出版了一本评传,这部作品此前一直被埋没。“在人们对病毒和疫苗都还一无所知的时代,他竟凭借一己之力钻研出抵抗力和免疫的相关理论,让我感到十分惊讶。”
卓見(たっけん)ではあったが、生存中に偉人扱いされた節はない。天然痘の猛威(もういい)を免れた(まぬがれた)離島や秘境(ひきょう)の名を挙げ、代官所(だいかんしょ)に「隔離避難所」を設けるよう請願(せいがん)したものの、日の目を見ずに終わる。伯寿は1822年に没した(ぼつした)▼
即使有如此卓识,但伯寿在有生之年似乎并未成名。他曾向代官所请愿,列举出了一些天花未曾肆虐过的离岛和鲜为人知的土地,希望在那里建造“隔离避难所”,然而最终不了了之。伯寿于1822年与世长辞。
むろん、いまの医療の常識に照らせば、伯寿の理論には誤りがいくつもある。たとえば種痘(しゅとう)では天然痘を防げないと力説(りきせつ)した。それでも、感染予防策に関しては、その知恵は現下のコロナ禍でも十分に通用する▼
当然,参照现在的医疗常识,伯寿的理论中能散见一些错误。比如,他曾强烈指出接种牛痘不能预防天花。但即便如此,他在疫情防控方面所提出的理论在新冠肆虐的现下依旧十分适用。
冬を前にコロナ感染者数のグラフは日ごとに上へ伸び、第3波の到来はだれの目にも明らかだろう。「避ければ免れ、避けざれば冒(おか)される」。早すぎた疫学者の渾身(こんしん)の教えをいま一度かみしめる。
临近冬天,新冠感染人数与日俱增,第三波疫情的到来已成定势。“远离即无虞,靠近则侵袭”。让我们再次细细品味这位领先于时代的传染病学专家耗尽毕生所传授的教诲吧。

363 에피소드