日语朗读-京都二十四节气 白露

2:34
 
공유
 

Manage episode 216425065 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也。
朝宿り、たちまち消える朝露は昔から儚いものの例えの一つ。露に似て朝開き昼に凋む可憐な露草、古くは「月草」と呼ばれ、染物の下絵に使われました。水に流れ、跡形もなく消えるこの青は、多くの人々に尊ばれたといいます。今はもう、目には見えない美しさにも思いをはせていたんですね。どの満月も並ぶことのできない唯一の存在、「中秋の名月」。昔、京都の女たちは、この夜、針と糸を持ちました、月明かりを頼りに糠袋を縫うと、裁縫が上達すると言い伝えられていたのです。また一年姿を消すその名月に、新な誓いを立てていたのかもしれませんね。悲喜こもごもの虫の声、夜中の宴は続きます。京都には二十四の季節があります。
白露[はくろ]白露。24节气之一,9月8日左右。
白色[はくしょく] 白色,白颜色
凋む[しぼむ] 枯萎,凋谢
染物[そめもの]染色。印染的纺织品。
下絵[したえ] (刺绣等的)底样,底子。
跡形[あとかた]形迹。痕迹。
尊ぶ[とうとぶ]敬重,尊崇
糠袋[ぬかぶくろ]米糠包
縫う[ぬう]缝,缝纫。 缝合
裁縫[さいほう]缝纫;(做)针线活儿。
悲喜[ひき]悲喜
宴[うたげ]宴,宴会。

363 에피소드