20201119 天声人語 小春日和の挿話

2:39
 
공유
 

Manage episode 278254023 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
天声人语 11/19 小春日和の挿話
劇中劇は、物語に彩り(いろどり)を添える。ケストナーの児童文学『飛ぶ教室』では、ドイツの寄宿舎(きしゃくしゃ)の少年たちが創作劇の稽古(けいこ)をする。クラス全員が飛行機に乗って世界を回り、現地で授業をするという楽しげな劇である▼
“剧中剧”,可以为故事情节添姿加彩,这里是指,少年们本身是剧中的主人公,而该剧情节中里也有他们排练戏剧的故事。作家卡斯特纳所著的《会飞的教室》是一部儿童文学,讲述德国一群寄宿在学校的少年们自编自演的一场戏,剧情十分有趣:全班同学乘坐飞机,周游世界,在当地上课。
あるときはイタリアのヴェスヴィオ火山に飛び、燃え立つ炎をながめながら、噴火(ふんか)で滅んだ古代文明を学ぶ。またあるときはエジプトのピラミッドに降り立ち、ミイラに出合う。学校でクリスマスに上演し、みなを喜ばせた▼
有时,孩子们飞到意大利的维苏威火山,一边眺望熊熊燃烧的烈火,一边学习因火山喷发湮灭的古代文明;有时,降落到埃及的金字塔,邂逅木乃伊。这场戏在学校的圣诞节晚会上上演,让同学们大饱眼福。
私たちの季節の物語も冬へと向かっていたはずが、ここ数日は劇中劇を思わせるような陽気が続いている。〈挿話めく小春日和と云ふがあり〉相生垣瓜人(あいおいがきかじん)。いつもより長くて心地よい挿話を置いてくれたのは、どなたかの思いやりか▼
我们的“季节”这一故事,情节理应发展到了冬季,但是这几天,天气持续晴朗,让人不觉想到剧中剧。俳人相生垣瓜人曾作俳句:“有云 插曲般 小春日和”。是谁如此体贴,带给我们这既悠长又愉悦的插曲?
信州小諸(こもろ)での暮らしを綴(つづ)った『千曲川(ちくまがわ)のスケッチ』で、島崎藤村(しまざきとうそん)は小春を愛(いと)おしんでいる。「いくら山の上でも、一息(ひといき)に冬の底へ沈んではしまわない」。秋から冬になる頃の小春日和は「この地方での最も忘れ難い、最も心地の好(よ)い時の一つである」▼
岛崎藤村生活在信州(今长野县)的小诸市时,曾写过散文集《千曲川风情》,表达了对小春时节的喜爱之情。“不管山上多高的地方,都不会一下子进入深冬”。从秋天过渡到冬天时的小春日和时节“是这个地方最难忘,最舒适的时节之一”。
きのうは富山(とやま)や鳥取(とっとり)などで、季節外れの夏日となった。「小夏日和」とでも言いたくなる日差しのなかを歩けば、当たり前ながら木々は確実に冬へと向かっている。街路樹(がいろじゅ)の葉が風で落とされて、丸裸(まるはだか)に。サザンカの赤い花も、いつも通りの美しさである▼
昨天,富山县和鸟取县都出现了错季的夏季天气。现在的气候暖和得可以说是小夏日和,走在温暖的阳光下,确实能够感觉到随着冬天到来,树木也逐渐适应气候的变化。街道旁的树木被风吹掉了树叶,变得光秃秃的。红色的茶梅一如既往地美。
日本気象協会によると、今年の冬の特徴は、いつもよりゆっくり寒くなることだという。不安になるニュースが多いなか、少しだけ心が落ち着く知らせである。
据日本气象协会的消息,与以往相比,今年冬天的特点是放缓了变冷的脚步。现在有很多令人不安的消息,而这个消息稍稍让人平静一点。

363 에피소드