日语朗读-京都二十四节气 立秋

3:38
 
공유
 

Manage episode 216425067 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
立秋 (りっしゅう)
初めて秋の気
立つがゆへなれば也。
名ばかりの秋かと思う残暑の頃、昨日とは違う風にはっとすることがあります。西から吹く心地よい涼風は「極楽の余り風」と呼ばれます。この遥か彼方のそよ風を都人たちはいち早く敏感に感じ取ってきました。季節の風に耳澄ませ、人生にも様々な風を呼び込んでいたのかもしれませんね。京都では先祖の霊を「お精霊(しょらい)さん」と呼び、お盆になると丁重にもてなします。お精霊さんをお迎えする「六道まいり」、昔、六道珍皇寺の一帯は、葬儀場で、この世とあの世の境目とされました。冥土まで響く鐘をついて、亡き人々をお呼びします。千年の都には、先人たちの心に通じる場所がちゃんと残されているんですね。お精霊さんを見送れば、街はにわかに秋めきます。京都には二十四の季節があります。
涼風[すずかぜ]凉风
極楽[ごくらく] 极乐世界,天堂。
彼方[かなた]那方,那边
敏感[びんかん]敏感,感觉敏锐,灵敏
丁重[ていちょう] 郑重其事,恳挚,诚恳
六道[ろくどう]众生轮回的六道:地狱、饿鬼、畜生、修罗、人间、天上。相对没有妄念的净土而言,指还有妄念的六种世界。
珍皇寺[ちんのうじ]珍皇寺
一帯[いったい]某周围全部
境目[さかいめ]交界线,分界线,分歧点
冥土[めいど]冥土,黄泉,阴间
秋めく[あきめく]渐有秋意

363 에피소드