20201107 天声人語 「田沢ルール」と脱藩

2:29
 
공유
 

Manage episode 276761924 series 1433731
Player FM과 저희 커뮤니티의 Jennykaede 콘텐츠는 모두 원 저작자에게 속하며 Player FM이 아닌 작가가 저작권을 갖습니다. 오디오는 해당 서버에서 직접 스트리밍 됩니다. 구독 버튼을 눌러 Player FM에서 업데이트 현황을 확인하세요. 혹은 다른 팟캐스트 앱에서 URL을 불러오세요.
天声人语 2020/11/7 田沢ルールと脱藩
江戸時代、自分の藩を勝手に抜け出す「脱藩」(だっぱん)は犯罪行為だった。司馬遼太郎は『竜馬がゆく』の中で、坂本竜馬脱藩直前の場面に姉を登場させ、こう語らせた。「脱藩すればもう二度とお国に戻って来れませんよ」▼
在江户时代,擅自脱离所属藩国——即“脱藩”,属于一种犯罪行为。在司马辽太郎所著的《龙马风云录》中,主人公坂本龙马准备脱藩前,他的姐姐对他说:“一旦脱藩,就再也无法踏入藩国了。”
きょうだいや親類と生涯会えなくなり、藩に残る一族にも大変な迷惑をかけるのだと。さてこちらも、まるで幕藩体制(ばくはんたいせい)のようなと言いたくなる。プロ野球についこの間まで存在したルールのことだ▼
据说脱藩者在脱藩后,一生都无法与兄弟及亲人相见,其留在藩国的家族也会因此受到巨大牵连。最近刚废止的职业棒球相关条款——“田泽条款”与这一幕藩体制可谓如出一辙。
有望なアマチュア選手が日本球界を経ず海外の球団に入ったとする。後で日本でプレーしたいと言っても、2~3年はドラフトの指名を受けられない。選手には痛い空白だ。すぐにでも大リーグに挑戦したい若者への脅し(おどし)であろう▼
条款规定,如果业余种子选手不进入日本球界而直接与海外球队签约,即便之后想回到日本比赛,也必须要等两三年才能参加选拔。这段痛苦的空白期对于想早日挑战日本大联盟的年轻选手来说是一大威胁。
12年前に米球界に飛び込んだ投手の名を取ったこの「田沢ルール」は9月にようやく廃止された。問題を調査していた公正取引委員会はそれでもひとこと言いたかったのだろう。独占禁止法違反の恐れがあったとの見解(けんかい)を公表した▼
“田泽条款”以12年前直接签约美国棒球队的投手田泽纯一命名。日本棒球机构于9月自行废止了这一条款,(调查被迫中止)。即便如此,但此前一直负责调查该问题的日本公正交易委员会似乎仍想作出一些声明,公开发表见解称:“田泽条款有违反《禁止垄断法》的嫌疑。”
日本で就職活動をせず、新卒で海外に出た人には罰を科す。もし経団連がそう言いだしたら大変なことだ。スポーツだから、特別な世界だからと許される時代ではない。球界は自覚したのか、それとも公取委(こうとりい)に叱られそうだからやめただけか▼
若日本经济团体联合会提出处罚那些不在日本工作而直接前往海外的应届毕业生的话,可就乱套了。这个时代不会因为体育世界与其他领域不同就网开一面。不知这次是棒球界自己意识到了问题,还是说仅仅是因为担心被公正交易委员会斥责才废止了条款?
脱藩者の処遇(しょぐう)は藩により差があったようだ。土佐藩のように重罪に問う藩がある一方、事実上黙認する藩もあった(磯田道史〈みちふみ〉著『龍馬史』)。外の空気を吸わせるのも悪くない。そう考えた藩主がいたのかもしれない。
矶田道史所著的《龙马传》中提道:“各个藩国对脱藩者的处置似乎有所不同。除了像土佐藩一样从严处置的以外,也有一些藩国实际上对脱藩行为予以默认。”或许有一些藩主认为,让脱藩者感受一下藩国之外的世界也未必是一件坏事吧。

363 에피소드